トップへ戻る

バーチャルオフィスの住所で法人登記ができる

起業時に必要となる「法人登記簿謄本」「銀行口座開設」「本店所在地住所欄」「定款」に記載するビジネス住所をご提供します。

会社設立登記する為には提出必須書類に「本店所在地」を記載しなければなりません。自宅住所をビジネス住所として利用することも可能ですが、賃貸マンションやアパートでは、契約上会社登記出来ない可能性があるので注意が必要です。また個人情報保護の面からみても自宅の住所をインターネットや広告に公開することは避けた方が賢明ではないでしょうか。ワンストップビジネスセンターでは「法人登記」「特定取引法の表示」「名刺・ホームページ」に記載可能なご住所のレンタルサービスを行っております。この住所貸しサービスを利用することで、賃貸事務所契約より初期費用を大幅に抑え、自宅登記による個人情報の流出も防ぐことができます。住所レンタルサービスには、郵便物管理(郵便物転送サービス)も組み込まれていますので、会員様のお好きなご住所に宅配物を転送することが可能です。

札幌店ご提供住所:
北海道札幌市中央区南1条西〇丁目〇番〇号○○ビル○階

企業住所、会社登記、銀行口座開設支店はクライアントの目にも必ずとまる重要なポイントになります。バーチャルオフィスの住所を利用することで、都心部のブランド力の高い住所を月額の格安料金でご利用いただく事ができます。起業家の皆様のビジネスライフに合わせて、事業に必要なサービス内容がパッケージされた基本プランをお選びください。

こちらのサービスがご利用可能なプラン

  • エコノミープラン…法人登記可能な会社住所貸し、郵便物受け入れ転送、会議室利用がメイン
    ・エコノミープラン
  • ビジネスプラン…エコノミープラン+専用電話番号のご提供、電話転送がメイン
    ・ビジネスプラン
  • プレミアムプラン…ビジネスプラン+電話転送、電話代行サービスがメイン
    ・プレミアムプラン

【法人会社設立のメリット】

①社会的信用、対外的信用力アップし取引先の幅が広がる
②節税対策にもなる
③経費の幅が増大する
④資金調達しやすくなる
⑤優秀な人材が集まりやすくなる

起業するにあたり、個人事業としてビジネスを開始する、スタートから法人会社を設立するなど、さまざまな選択肢があります。より効率的にビジネスをスタートさせるためには、事業内容や自身のビジネスライフプランニングにあった起業方法を考えることが大切です。スモールビジネスから起業をスタートすることも可能ですが、スタートアップから法人設立を行い「必ず事業を成功させる」という覚悟を決め事業運営のモチベーションアップをはかる方法も立派なビジネス戦略です。また、法人会社設立1番のメリットとして、名刺やホームページの会社名に「株式会社」と肩書きがあるだけで、取引先やお客様からの信用力が大幅に高まるということが挙げられます。

【ワンストップビジネスセンターの法人登記代行サービス】

当店では、専門家による法人登記の代行をおこなっております。
このサービスは、提携先の行政書士、司法書士、公認会計士とともに法人登記の代行をお手伝いさせていただきます。「定款認証」「法人登記」の手続きを「個人でおこなうのは心配だ」「起業準備で時間が無い」というお客様は、是非このサービスをご利用ください。
専門家が格安価格にて代表者様の代わりに書類手続きをおこなわせて頂きます。

詳しくはこちらをご参照ください
http://www.xn--dckn0c3a4e6a4gwc5hq256bgmgkx2ay8c.com/service-registration/